システム技術で未来を創る。共同通信電設株式会社

グローバルナビゲーション
サブナビゲーション

早く工事を!停波前には工事の集中も

地上デジタル放送を受信するには、事前準備が必要です。UHFアンテナの追加や増幅器の交換など、何が必要になるかは、建物によってまちまちで、事前調査が必要です。

アナログ停波前の駆け込みで一時期に工事が集中してしまったりすると対応しきれず間に合わないという可能性もあるというデータも発表されています。 

(出典:三菱総合研究所研究データより)

工事の流れ

1.お問い合わせ

  • 住所、現状の受信状況をお知らせ下さい。
  • 電話(東京・埼玉・神奈川)03-3413-5515
  • 電話(千葉)043-266-4120

2.調査

  • UHFのアンテナをお持ちし、問題無く受信できるか調査を行います。
  • 配線やテレビの差し込み口等の使用機材も確認させて頂きます。

3.調査報告・改修御見積書

  • 調査の結果と、御見積書をご提出致します。

4.お打合せ・発注

  • 御見積書の内容について、詳しくご説明致します。

5.工事告知

  • ご入居者の方向けに工事内容(テレビがみられなくなる時間帯など)のご案内文書を作成致します。

6.施工

  • アンテナを交換・追加し、適正な電波レベルとなるよう、増幅器の調整を行います。

7.完成図書納品

  • 工事完了後に完成図書を提出させて頂きます。
  • 使用機材の一覧、電波のレベル測定結果等

詳しくは、こちらへお問い合わせ下さい。

地上デジタル放送受信システムに使用する機材

ページトップへ戻る

お問い合わせ

個人情報保護方針

Copyright © 2008 Kyodo Tsushin Densetsu. All Rights Reserved.